無料の謎解きゲームはこちらから♪

【100万謎@2022】SCRAPからの挑戦状の感想(答えやヒントは?)

2022年100万謎の感想・答え・ヒント

ちゃお!100万謎で過ごす年末年始が最高だったやまみんです♪

やまみん

ヤマー

今年もよろしく

毎年恒例になっている100万謎争奪謎解き大合戦!!!!!
「SCRAPからの挑戦状2022」の答えや感想をお伝えします。

私が3日間かけて全ての謎を解いた、壮絶な戦いの記録です。

こんな方にオススメ♪
  • 100万謎の感想を知りたい
  • 解けなくて諦めかけてる
  • これから解く方への注意点
  • 謎1,2の答えが知りたい方
豪華賞品よりも豪華な謎にトキメキますね♪

やまみん

ヤマー

これを解かないと今年は始まらないぞ

100万謎とは?

100万謎の概要

 

SCRAPが2015年から開催している、毎年恒例の無料で挑戦できる謎解き企画。

開催期間中、『100万謎』特設サイトに「謎」が仕掛けられた7つの扉が出現。

扉の謎に正解することで、バラエティ豊かな総額100万円分の賞品に応募することができます。

100万謎2022公式サイト

・12月30日正午~2022年1月9日21:59まで
・カラー印刷必須
・最高峰の謎が楽しめる

昨年の100万謎は、「オンラインリアル脱出ゲーム大パーティ」のチケットが無いと、謎3以降は挑戦できませんでしたが・・・

今年は例年通り全て無料になりました!

無料になって少し簡単になったかな?と思ったあなた

扉7の全てを解き明かした時には、クタクタのヘロヘロになっていることでしょう。

全ての謎を解くと分かる感動があります!!

やまみん

ヤマー

今年は新作予想の3連単応募企画もあるぞ

100万謎の注意点や攻略方

やまみんアドバイス
  • 気力と根性!
  • 論理的思考回路をフル活用!
  • 詰まったら休憩を取ろう!

「最後まで解くのに必要な力は何?」と聞かれたら

「気合と根性」と答えます(笑)

また、論理的に考えることや、文面を素直に受け取ることも必要だったなと思いました。
(こうだろう、こんなわけない、という思い込みが謎解きを邪魔してきます。)

時間を空けると、過去の謎で違和感があった部分、解き方を忘れてしまう可能性があります。

なので、お正月や休日の時間がまとまってとれる時に一気に解くことをオススメします。

ただ、煮詰まった時は、しっかり休憩してリセットしてから見返すことが大事です。

私は6時間進展しなかった後に、ぐっすり寝て起きたら、見逃していた点を一瞬で見つけました!

やまみん

また、それぞれの謎に掛かった所要時間もこの後の感想部分に記載します。

100万謎の答えと感想(2022)

扉7では2回ほど

「えっっ!??えっ????!!!!!」

と声を出して驚くことがありました。
気づいた時の爽快感が最高です!!!!

気づけなかったら、勿体ないくらいのギミックや労力が詰め込まれていますよ!

扉1、2はネタバレが解禁されたので、答えを掲載しております。

扉1(答えあり)

リンク扉1のWEBサイト

扉1の謎
所要時間10分

今年もエニグマ君の漫画からスタートです。

漫画を見た瞬間に「去年の100万謎のプレゼンボックス」を思い出して恐怖するやまみん。
漫画の内容も全てが怪しく見えて「今年はどんな謎が待っているのか…」とドキドキしてしまいました。

謎自体は一見簡単そうに見えたのに、法則に気づくのに10分を要しました。

ある法則に気が付けば一瞬ですね♪

やまみん

扉1の答え

扉1の答えはお宝

答えは「おたから」です。

切れている吹き出し部分の文字を書いた後、あみだくじの要領でコマの隙間を辿っていきます。

矢印の色とコマの色が関係していると思ってしまい、すぐに解けませんでした

やまみん

扉2(答えあり)

リンク扉2のWEBサイト

扉2の謎
所要時間40分

待ってました100万謎らしい問題!!
もちろん、しっかり引っ掛かって途中で詰まりました(笑)

今までの100万謎に比べると、解き進めるための文の中にもヒントが含まれており、親切設計になっている気がします。

これで扉2なんだから、やっぱり100万謎って凄いクオリティです。

どうでもいいですが、

扉2を解き終わった勢いで、謎解きを何も知らない母親に扉2の素晴らしさを解説をしたところ、

「こんな謎解けるなんて天才だね」と言われました。

やまみん

いやいや、これを作れる人が天才なんですよ
扉2の答え

扉2のヒントと答え

答えは「きつね」です。

ポイントは、紙が重なっている部分は、その枚数分の答えが存在することです。(左下の謎は3枚重なっているため、3種類の答えが出ます)

それぞれの謎を解き、指示通りに2文字の答えを塗りつぶした後、残ったマスでクロスワードをします。

「貝3つ作れ」と指示文が出てくるので、この用紙を折って貝を3つ作ると、以下のようになります。

貝を3つ作った後

「アカセンオレ。答えはカタカナ3文字の生物」

そして、右下の手には赤い線が3本あります。

実際に手を出して、親指、中指、薬指を折ってみると・・・なんとキツネになります!

きつねの形

ヤマー

俺はこの紙を折ろうとしてしまったぞ
気づいた時は思わず「きつねだ!」と叫んでしまいました♪

やまみん

扉3

リンク扉3のWEBサイト

所要時間120分

扉3は動画を使った謎解きでした。

ツイッターを見ていると、解き方は分からないのに、何となく答えを見つけてしまった人が多数いる問題でしたね。

かくいう私も、先にメタで解答に辿り着いて

「このまま良く分からない状態で年は越せない」と必死に解き方を考えました。

それでも分からなくて「まさかバグなのでは。。」とあらぬ妄想をしたことも…(笑)

ヤマー

扉3で何よりも大事なのは、良く見ることだな
言われなくてもやってるよー!

やまみん

扉4

リンク扉4のWEBサイト

所要時間90分

ハサミとテープで工作した謎です。

一番の関門が最初にあるので、なかなか解き始められなかったです♪

やまみん

ヤマー

始めてしまえば、後はサクサクだった

私は国語が得意だったので、後半もすんなり進みました。
苦手な人は、解き方が分かっていも、手こずるかもしれません。

扉5

リンク扉5のWEBサイト

所要時間60分

いつもの、あらなみさんの謎!!
例年の100万謎に比べると、例題で解き方を示しているので、かなり難易度が下がっていました。

ヤマー

解き方分かっても埋めるのは大変だった

なんなら、例題の方が難しくて
『例題みたいなヤバい問題を出題してもいいのに』と思う反面、

『今年は分かりやすくしてくれてありがとう』とも思いました。

扉6

リンク扉6のWEBサイト

所要時間150分

で、出たぁ~!!

100万謎恒例の根気勝負。

迷路の進め方の基本は、確定で通る道を繋いでいくことなのですが、これもまさにそう。
論理的に考えることが苦手なので、頭プスプスさせながら何とかクリア・・・

去年、地獄のような迷路を解いたので、脱落せずに済みました。

毎年鍛えられていることを感じます♪

やまみん

扉7

リンク扉7のWEBサイト

扉3~6は各ページでヒントが見られるようになりましたが、扉7のヒントはありません。

所要時間600分(10時間)

さぁここからが本番です!!!

1つ越えては、つまずくことを繰り返し、それでも進んでいく山登りのような謎解き。

疲れたら休憩しましょう。

でも諦めずに登って行って欲しいです。

頂上から見える景色は最高ですよ♪

やまみん

そして、製作者の労力を考えたら、解けずに終わるのは可哀想です。

最高峰の謎解き体験ができるのは今だけなので、最終日まで諦めずに進めて欲しい!

扉7を解いた方の中には、もしかしたらメタ解きで進めた方が居るかもしれません。

メタ解き勢も「何故この答えになるのか」を是非考えてみて欲しいです。

ちなみにやまみんは、2021年内に扉7まで解き終える予定でした。

ただ、出だしからつまずいて進まず、1つ越えてもまたつまずき・・・
メタ解きで進めて、いやいやメタ解きはダメだと戻ってみたり、を繰り返しました。

考えて調べても、もう全然進まないよ~

やまみん

となった後に突然「え!もしかしてっ!そういうこと!?」という発見の繰り返し。

「何だよ!あらなみさん、やっぱり天才か~!!うわぁ~~」
「はぁ~今年はそうきたかぁ~!なにこれどうやって作ったの??」

としばらく大騒ぎになりました。
(その後、別のところで詰まって、考えているうちに気づいたら年を越していました…笑)

また、終盤戦でもう1つ衝撃がありました。

「う~ん。100万謎ならやりかねないけど、まさかねー。まぁ念のため確認しますか」
「えっ!?????ホントにこれ実装したの??!!やばい(爆笑)」

100万謎の実装力と実行力はやっぱり段違いで、気づいた時の衝撃や感動は最高です!

ツイッター上の感想

年末は100万謎しか勝たん

2022年100万謎の感想・答え・ヒント

外部リンク100万謎SCRAPからの挑戦状2022

年末は「ガキ使」でもなく「紅白」でもなく「100万謎」の時代になったな、と勝手に思っています(笑)

最高峰の謎解き体験を年末年始にできて、めちゃくちゃ贅沢な時間を過ごせました。

さらにSCRAPのファンになりました!

やまみん

また、いつもは最後の問題を解いた後に
「本当にこれでよかったのだろうか・・・」と不安になるのですが、
今回は「絶対に解けた確信」があるので安心して過ごせます(笑)

ギミックから何からとても作り込まれているので、
早く100万謎の解説放送を見て感想戦をしたいです!楽しみ~!!

※2022年1月10日(月祝)16:00から、こちらのページから解説が生放送されます。

ヤマー

最高の年明けだったな
楽しい時間と感動をありがとう♪

やまみん

以上です。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

関連記事【2020年】SCRAP100万謎の感想記事

関連記事【2019年】SCRAP100万謎の感想記事

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。