無料の謎解きゲーム一覧はここをクリック

小学生向けの『謎解きイベント』を小学校した話

小学校で謎解きイベント「スパイ学校からの脱出」

今回は、神奈川県川崎市のとある小学校で、
謎解きイベント「スパイ学校からの脱出」を開催したお話です。

この記事でわかること

・謎解きイベントの詳細

・なぜやまみんが小学校で開催できたのか

・実体験から得た経験と教訓

実はこのイベントに向けて、小学校で謎解きの授業を3回しました

やまみん

とても貴重な経験でしたので、得られた経験や、準備の裏話など大ボリュームの記録を残します!

小学生向けのイベントを実施したい方へ

お問い合わせフォームからお気軽にご相談ください♪

謎解き問題の提供や、イベント用謎解きゲームの制作も受け付けております。

謎解き脱出ゲーム「逆転!謎解き裁判」

謎解き裁判(ios)App store

謎解き裁判(android)Google store

小学生向けの謎解きイベントとは?

小学校謎解きイベントやまみん

「みなさん初めまして、私はエージェント・ヤマミン。見ての通りプロのスパイです。」

というセリフから始まる「スパイ学校からの脱出」は、小学6年生の3クラス(65人ほど)を対象にした60分の謎解きゲームです。

ヤマー

前説や解説を含めると90分だ

イベントは2回実施したので
合計130人くらいの子供達に参加してもらいました!

スパイ学校のストーリー設定

小学校で謎解きイベント2

スパイ育成学校に仕掛けらた爆弾を解除するために、見習いスパイの小学生たちが爆弾の解除コードを見つけ出す、というものです。

表向きは小学校、本当はスパイ育成学校という設定です♪

やまみん

会場は本物の小学校のため、他のクラスは授業中でした。

そこで、授業で使っていない教室を利用し、学校の中を移動しながら謎を解いていきます。

生徒は1チーム4人で謎解きに挑戦。

本物の小学校、しかも授業中にイベントをするということで、上手くいくかドキドキしましたが・・・

結果は大成功でした!!

始まる前は静かだった6年生達が、だんだん見習いスパイになりきり、盛り上がっていく様子は最高でした♪

やまみん

面白かった出来事

小学校イベントの名シーン

思い出深いのは、ファイナルミッションの謎を手渡すとき

「解除コードは一度しか提出できない。チームでよく相談してから提出するように。」

と言うと、すごく真剣な目で

「…はいっ!!」

と返事をしてくれる子が多かったことです。

ヤマー

すっかり見習いスパイだな

もう一つの思い出は、先生達です。

プロスパイ(スタッフ)として参加してもらった先生のうち、数名にはセリフを言ってもらう必要がありました。

例えば「……遅かったな、心配したぞ。…これが次の暗号だ。」みたいな感じです。

先生が棒読みにならないか心配でしたが
始まってみるとサングラスをかけて役になりきってくれる先生や、アドリブを入れてノリノリでスパイをやってくれる先生がいて、本当に盛り上がりました!

『謎解きの楽しさ』
『謎解きは開催している側も楽しい』

私が世の中に広めたいことが伝わったような気がして、本当に感動したイベントでした。

小学校で謎解きイベント5

そして実はこのイベント・・・テストプレイとして開催したものでした!

やまみん

ヤマー

テストにしては大規模すぎた

開催に至った経緯などは、ブログの後半にまとめています。

小学校の授業で謎解き!?

「スパイ学校からの脱出」の開催に至る経緯の前に、もう一つ。

このイベントに向けた準備の一つとして、学校の授業で謎解きの講師をしていました!

ヤマー

国語、算数、理科、謎解きって感じだな
といきたいところですが、残念ながら謎解きという科目はありません!

やまみん

私が講師として参加したのは「総合的な学習」です。

色々な職業に触れ
子供達が将来の仕事について考えるための授業です。

私は、45分授業の中で子供達に謎を解いてもらい
最後に「私がなぜ会社員を辞め、謎解きとイラストを仕事にしたのか」を話しました。

もちろん理由は「謎解きもイラストも好きだから。楽しいから」です。
「みんなも謎解き楽しかったでしょ?」といった感じです(笑)

子供達からは「もっと謎解きがしたい!」と言ってもらえたり、

休み時間、一緒に絵を描いて6年生に褒めてもらったり。

とても楽しくて良い思い出ができました♪

やまみん

授業は週1で、3週間かけて合計3回行いました。

そして、授業の中で出題した謎は「スパイ学校からの脱出」の問題です。
子供たちの反応をみて、毎週少しずつ問題を修正していきました。

つまり授業の中でテストプレイさせてもらえたということです。

余談ですが、教員免許を持っていない私が子供たちの前に立つのはとても緊張し、毎週、授業に行く前日は眠れませんでした(笑)

何で小学校で謎解きをすることに!?

小学校で謎解きイベント3

小学校にやまみんが行くことになった経緯です。

さかのぼること3ヶ月前・・・
とある小学校のPTAから謎解き作成の依頼を受けました。

「4月から同じ中学に通うことになる、別々の2校の小学生を交流させたい」というものです。

【条件】
・休日の中学校を貸し切り
・参加人数:小学6年生70人前後
・制限時間60分
・学校の中を回らせる
・毎年同じイベントを開催できるようにしたい

ヤマー

中学校の貸し切りとはすごいな
自分が小学生だったらワクワクです♪

やまみん

特に、PTAの方と打合せをする中で
「両校の6年生を中学に入る前に交流させることで、中学生になってから周りに馴染めず、不登校になる子をなくしたい

という話を聞いて、やまみんのやる気は120パーセントになりました!

やる気は出たものの、問題作成には一つ大きな壁がありました。

謎解き作成の大きな壁

すこし話が変わりますが
この2年間、謎を作って感じていたのがテストプレイの大切さです。

テストをするか、しないかで、出来上がりが大きく変わります。

また、数年間SEとしてシステム開発した経験から
「テストはできるだけ本番と同じ環境を用意するべき」と思っていました。

つまり、70人の小学生を集めるイベントを成功させるには、同じ規模のテストプレイが必要だ。

と思ったのです。

ヤマー

ムボーだな
ですね・・・・

やまみん

もちろん、私の力では場所も用意できないし、人を集める知名度もない・・・とても無理だ。
と大きな壁にぶち当たります。

ただ、実際に小学6年生に問題を解いてもらい

『どのくらいのスピードで解けるのか』
『解けない部分はどこか』

『どんな謎が盛り上がるのか』

これらを把握することは、なんとかしてやりたい!

問題は、小学6年生の知り合いが居ないことです!

やまみん

ヤマー

致命的だな

テストプレイはできるのか?

実は、やまみんの両親は小学校の先生でした。

現役の先生にも知り合いが居るので、学校に聞いてもらえないか、ダメ元でお願いしていることに。

「授業の空き時間や、放課後に謎解きができないか」
「謎解きしたい子だけ集めてとか…」

最初はそのくらいの相談でした。

そこで、母がいくつかの学校に声をかけ「授業で使えるかも」と返事をしてくれた2校に交渉へ行くことに!

お母様、大変ありがとうございました!

やまみん

学校への挨拶のために、慌てて名刺も作りました。

やまみんの名刺

「交渉しなければ」とドキドキしながら伺ったのですが、

両校とも「謎解きをする前提」で待っていて下さったので、トントン拍子で話が進み・・・

最終的に『好きなことを仕事にしている人の話は子供達の参考になる』と言ってもらえた学校で、総合的な学習の授業。

『子供が楽しいのが一番だ』と言ってもらえた学校で、謎解きイベントを開催することになりました!

 

本当は、どちらの学校も45分授業をする予定だったのですが、生徒数が多い方の学校に、ダメ元で90分のイベントをお願いしたところ、快くOKいただけました。

「イベント運営したこと無いのに、90分イベントの提案なんてして大丈夫か!?」

と一瞬不安がよぎったものの

「こんなに好条件でテストプレイができることは一生ない!」
と思った次の瞬間には「90分でやりたいです」と言っていました(笑)

寝不足の裏側と得られた経験

小学校で謎解きイベント46

イベントを開催して得られた経験や、準備の裏話をお伝えします。

謎解き制作者や、いつか謎解きイベントを実施したい方には参考になるかもしれません!

準備がとてもハード

イベントを実施することが決まった後も、準備は結構ハードでした。

「スパイ学校からの脱出」を実施した小学校では、本番とは使える教室が違うため、テストプレイ用に謎や運営資料の作り替えが発生。

また、使える予定の教室が直前で使えないことが分かり、緊急の修正もあったり。

バタバタな中で用意したイベントで
前日は、頭の中で何度もシミュレーションしているうちに朝になりました(笑)

小学校に行く前日は、いつも寝不足です♪

やまみん

また、130人分の謎解き資料はとても枚数が多く、紙を持っていくだけでも中々の重労働でした(笑)

資料は全部で400枚くらい

実体験したからこそ気づいたこと

小学校での謎解きイベントを通じて、気づいたことなどを羅列していきます。

小学生は夢中になると話を聞かない

・全体へのヒントをアナウンスしても聞いてないため、個別フォローが大事。

・「スパイたるもの、慎重に行動するんだ。絶対に走らないこと」と言っても、全力疾走する。

謎を解き始めると、目の前のことに集中してしまい、ほとんど話を聞きません!

また、注意点はスタート前に2,3回繰り返さないと守ってくれません!

それはそれで、見ていて面白かったです(笑)

ヤマー

答えがわかった瞬間、受付にダッシュしていたな
謎を解かずに、抱き着いてくる生徒もいました

やまみん

学校やクラスによって雰囲気がまったく違う

めちゃくちゃ盛り上がるクラスもあれば、真面目でおとなしいクラスもあります。

先生によっても指導方法が違うため、同じ学校内でも違いが大きくてびっくりしました!

共通点は、謎解きはどこでやっても盛り上がることです!

やまみん

謎解き問題は、ひっかけが盛り上がる

以下3問の謎でもっとも評判が良かった謎はどれかわかりますか?

【1問目】

スパイ謎

解答

答えは「かくご」

スパイの文字を消して読むと「こたえはかくご」となる

【2問目】

ひっかけ謎

解答

答えは「ライフル」

今、仏、水、読の消えている部分を読む

【3問目】

しかく謎

解答

答えは「しかく」

左側を四角で囲むと「田、日、目、白、回、口」となる。

もっとも盛り上がった謎は・・・

 

2問目です!(3問目が僅差で2位)

 

2問目が盛り上がった理由は、簡単に解けると思わせ、ちょっとしたひっかけ(読の部分も消えている)があることです。

SNSでは3問目がもっとも好評でした

小学生は、答えがわかったら興奮してすぐに解答を書いてしまい、答えが「ライフ」となっている生徒が多かったです。

その後「読」も消えていることに気が付き、大爆笑・大興奮していました(笑)

「すこしずるいパズル」系の謎が盛り上がりやすいです!

やまみん

 

この本はとても面白く、全世代に強くオススメできます!


他にも気づいたことは沢山ありますが、また別の記事(謎解きイベントの作り方)でお伝えします!

最後に・・・(やりがいと感謝)

ちなみに、授業もイベントも、資料を含めすべて無償で提供しています。

これは、テストプレイとしてこちらがお願いしたものだからです。
本番のイベントは、有償で行っています。

「無償でイベントしても利益にならないじゃん」と思う方もいるかもしれませんが・・・

普通はできない経験をさせてもらえたことが、何よりの報酬だと思っています!

やまみん

そして何より楽しかった…!

エージェント・ヤマミンとしてスパイ活動ができた良い思い出です!

どちらの学校もとてもいい条件でテストプレイをさせてもらうことができて、沢山のことを得られました。

また、忙しい中でもイベント成功のために協力してくださったプロスパイの先生方、楽しんでくれた見習いスパイ達にも本当に感謝しかありません!!

学校につないでくれた母にも感謝、感謝です。
ダメ元で動いてみて本当によかった。

この経験を元に、本番のイベントをより良くできると確信しているので、気合を入れて準備を進めます!!

小学校で謎解きイベント1

終了後はクタクタになり、ストーブの前からしばらく動けませんでした(笑)

悲しい話も・・・

ちなみに依頼があった小学校のイベントは、コロナにより中止になったと連絡がありました。

イベントを盛り上げようと色々提案してくださったPTAの方の気持ちを考えると、とても、とても、とても残念です。

ただ、謎解きイベント自体は、来年の交流会として使われるということ。

そして毎年使う予定ということで、未来の6年生達が楽しめるよう、引き続き全力で作成します!

以上です。

ここまで読んでいただきありがとうございました♪

やまみん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。